未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

接待交際費は経費なのに保育料が経費にならないのはおかしい論のお粗末

発端は金子議員の保育園の送迎に公用車を利用した話題だろうか。

Twitterで、飲み代は接待交際費として経費になるのに、社員の子供の保育料が経費として認められないのはおかしいのではないかという意見が出ていて興味深い。

この意見に私は反対。保育園にはそもそも税金が投入されているからとか、それは営業経費ではなく福利厚生ではとか色々論点があるが、単純に、

接待→男のための文化

保育→女のための文化

この区切り方がもうダメ。営業のために飲み屋で接待する女性もいるし(枕営業って意味じゃないよ)、保育園に子供を預かってもらってありがてぇって男性もいるでしょ。こういう風に男女の対立図式を作り出すと、結局は対立を深めるだけ。

でもまあ現役子育て世代として、子育て世代をもっと支援してほしいって要望はもちろんあるから、断然こっちがいいな。 

所得税の年少扶養控除も無くなっちゃったし、働きながら幼い子を育ててる人を直に応援してくれるような制度がほしい。医療費控除みたいに、保育料の実費を所得から控除する仕組みを作ってくれたら、現役子育て世代も、よし頑張るぞーって思えそうだけどなぁ。

子育て世代の社会への不満の根本に「自分たちは毎日育児も仕事も頑張ってるのに、それを評価してくれるような仕組みがない」ってことが一つあると思う。「頑張ってるところ、見てるよ!」って言ってもらってる気持ちになるような仕組み作りを、偉い人たち、どうぞお願い。