未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

ハンバーーーーグ!!!!!

少し前に日曜の方のアメトーーク!の「ハンバーグ大好き芸人」を家族で観て以来、下の子がびっくりドンキーに行きたがって行きたがって仕方ない。

番組の中ではおしゃれで美味しそうなハンバーグの食べられるお店をたくさん紹介していたけど、その中で我が家から行けるのはびっくりドンキーぐらいなんだけど、下の子は時々やってるびっくりドンキーのCMを観ては「びっくりドンキー行きたいなぁ」って言うし、何なら全く脈絡のないところで「びっくりドンキー行きたいなぁ」って言う。

子供がそんなに食べたがるなら連れていってやれよって話なんだけど、実は夫も私も上の子も、わざわざ外で食べたいと思うほどハンバーグ好きじゃないんだよね…。びっくりドンキーも美味しいけど、どうせ四人で外食するなら回転寿司の方がいいというのが残り三人の意見。

そしてハンバーグは自宅でよく作るんだけど、薄々気付いていたんだけど、私の作るハンバーグ、美味しくない。

だからか。だから外食での肉汁ジュワッの美味しいハンバーグに憧れるんだ、あの子は。

そのうちちゃんとびっくりドンキーにも連れていってあげるとして、いつも適当に作っているハンバーグを自家製もっと真面目にしっかり作ろうと、昨夜、いつも以上に火加減に気を付けながらハンバーグを作ってみた。

そうしたら、いつもより美味しく出来た。ハンバーグには全く興味を示さない上の子も「あれっ、今日のハンバーグ美味しい」と言ってくれたし、下の子は「びっくりドンキーより美味しい」と言ってくれた。下の子、びっくりドンキーに行ったことないけど。

びっくりドンキーより美味しいというのは言い過ぎだけど、今回初めてハンバーグにおける火加減の重要性を学んだ。

これまで私は生焼けが怖くて、ハンバーグを弱めの中火でじんわり焼いてたんだよね。それは完全に間違ってた。じっくり焼いているうちに肉汁が逃げちゃってた。

強火で表面をこんがり焼いて、フライパンにふたをして弱火で焼いて、ひっくり返して再び強火。生焼けを恐れるな!ギリギリのところを攻めろ!

初めて自家製ハンバーグが美味しく出来たので、今後も引き続きベスト火加減とベストタイミングを追求しようと思う。あ、びっくりドンキーにも行かないとね。