未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

私のかかとが凶器

万年乾燥肌のカサカサ女の私だけど、もう6月なのに最近また肌の乾燥がひどい。特に踵がヤバい。大袈裟に言うと剣山みたいになってる。

夜な夜な、お風呂上がりに踵からいきり立ってる角質?皮?をめくって剥がすのが最近の日課になっている。でも綺麗に剥がれない。むしろ剥がれた先が更に踵の別の部分の皮を立ち上げる。泥沼。

このガサガサ踵はどうすればいいか、私はちゃんと知っている。

 

方法1

ベビーフット イージーパック 30分タイプ Mサイズ

特殊な液剤に何十分か足を漬け込む。

すると数日後に、踵のしつこい角質が自然とベローンと剥けてくる。文字通り一皮剥ける。

でもめんどい。数十分間、足を漬け込むのがめんどいし、皮の剥け始めまで何日もかかるのがめんどい。これをやるといつも我慢できなくてフライングして規定より早いタイミングで自分で無理矢理皮を剥き始めてしまうので、結果いつもきれいな踵にならない。

 

方法2

ののじ 角質こそぎ 粉雪さん

ゴツい金属のかかと専用やすりで、踵をやする。

人体にこんな本格的なやすりかけてもいいの?と思わず戸惑うくらいの金属やすりだが、私レベルの踵になると全く問題ない。むしろかけてもかけても硬い踵しか現れない。これを使うと踵の皮がハッキリ薄くなる。

でも荒っぽい方法だけに、ツルツル踵にはならない。踵の皮の毛羽立ちが粗目から細目になるだけ。やすった後にボディクリーム等でケアすると少しましだが、めんどい。

 

そう、基本、めんどい。

この記事をファッションカテゴリに入れるのは我ながらいかがなものだろうか。

ああ、何もしなくても踵が綺麗だった時代が懐かしいなー。でも今やもう私の踵はケアが不可欠なんだよなー。

そしてめんどいめんどいとブツブツ言いながら、今日も原始的に指先でガリガリ無理矢理踵の皮を剥くのである。

広告を非表示にする