読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

愛犬のトイレトレーニングに苦戦している

昔実家で飼っていたのは日本犬。何も教えなくても自然に朝夕二回の散歩でしか排泄しなくなったので、犬のトイレトレーニングは初体験である。

予想はしていたが苦戦している。

この週末、一体何度「犬 トイレトレーニング」でググったことか。おかげで犬のトイレトレーニングについてかなり詳しくなってしまった。しかし知識だけついても、実践はなかなか進まない。

現在の状況。

  • 犬は屋外では絶対にトイレをしない。我が家に来てから一度も屋外ではしたことがない。
  • 室内にトイレ用スペースがある。
  • 私が見ているときに誘導すると高確率でトイレで用が足せる。
  • 私の見ていないときは気ままな場所で用を足す。

苦戦している、大変だ、と思って書いてみたけど、よく考えたら大したことないな。トイレが成功するのと、トイレ以外で用を足しちゃうのは半々といったところかな。一番しんどいのは、朝起きて犬の寝ているケージにいくと、ケージ内が割と大惨事になっていること。かぐわしい香りで始まる私の朝♪

でも犬が我が家に来てまだ一週間と少し。もちろんまだ子犬。いきなりできる訳ないんです。飼い主が忍耐強く教えていくしかないんだよね。

最終的には私が見ているときだけトイレをするようにしてくれるか見ていないときでもトイレの位置を覚えてくれれば万々歳なんだけど、欲を言えば将来一緒に出かけたりしたときのために、必要に応じて自宅以外の場所でもトイレできるようになってほしいな。

先日、一緒に数時間の外出したときに絶対に屋外でトイレをしなかったから、排泄のコントロールはかなり出来ていると思われる。

あと必要なのはコミュニケーションだ。「トイレコマンド」を覚えさせたい。犬が催していたら「ワンツー、ワンツー」と声をかけて、排泄を促すという手法。これをマスターしたら飼い主の指示で排泄できるようになるしい。出掛ける前に子供に「トイレ済ませなさいよ」と声かけるのと同じやつだ。

とりあえず犬が用を足してるのを見かけたら、横で歌うように「ワンツー、ワンツー」と言ってみてるけど、今のところ犬は不審そうな顔をするだけだ(笑)

三歩進んで二歩下がるの心持ちで、気長に頑張っていこう。朝の大惨事に余裕を持って対応できるように、もう少し早く起きよう。

でも楽しいです。思い通りにいかないことって大変だけど楽しい。