未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

入園入学用品を手作りするなら、簡単・丈夫・わかりやすい作り方サイトを参考に

入園入学用品の準備は地味に大変。特にお弁当関連のものは毎日洗濯するから洗い替えまで準備しなくてはならない。しっかりこだわって自分で丁寧に作る人。ハンドメイドの得意な人へ外注する人。市販品を買う人。一口に準備といってもやり方は人それぞれ。

私は「一応手作りで準備するけどあまり凝ったものは作れないから、できるだけ簡単に済ませたい」という、やる気と時間があるんだかないんだか派だった。

ギリギリのタイミングで、いざ「よし作ろう」と思い立ってネットで用品の作り方を検索しても、出てくる情報はごちゃごちゃと雑多で結構途方に暮れる。結局、私はこちらのサイトの作り方を見て、各種用品を作った。


超簡単レシピ(作り方)メニュー | Hoppelfin-ほっぺるふぃん-

 このサイトの良いところは、簡単な製図で型紙ができるところ、必要最小限の工程で作れるところ、作り方の写真がたくさん載っていてわかりやすいところ。

実際にこのサイトを参考にして作ったのは下記4種類。

「お弁当袋(基本型)」の作り方 | Hoppelfin-ほっぺるふぃん-

「コップ袋・フォーク袋」の作り方 | Hoppelfin-ほっぺるふぃん-

「レッスンバッグ・手さげ袋(基本型)」の作り方 | Hoppelfin-ほっぺるふぃん-

「シューズ入れ(基本型)」の作り方 | Hoppelfin-ほっぺるふぃん-

 

手提げ袋、シューズ入れ、お弁当袋の底はキルティング布で作り、お弁当袋の上部とコップ袋、フォーク袋はオックス布で作った。

↓こちらが手提げ袋、お弁当袋、コップ袋、フォーク袋の実際の写真。
f:id:miraimemory:20170331112156j:image布地も色々種類があって迷うけど、入園入学用品はオックス生地とキルティング生地にかぎると個人的には思う。何年も洗濯しながら使うことを考えると、丈夫なのが一番。同じ綿の布でも、ブロードやシーチングに比べて厚手のオックスは安心感がある。

生地の特徴と性質についてはこちらのサイトがわかりやすいのでご参照。

http://nyujun.com/materials/type_of_material/

ちなみに生地はここのお店がオススメ。子供向け生地がとても豊富で選ぶのが楽しい。値段も安く、発送も早い。

写真の生地も全てこちらの店で購入した。 

(※以下全てアフィリエイトリンクです。)

 

 ↑私の作った手提げ袋と色違いのキルティング生地(こっちの方がかわいい…)

↑動物のオックスプリント生地

 ↑動物&植物のオックスプリント生地

 

入学入園用品、作ってみてもいいかなーと思ってる人のお役に立ちますように。