読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

スピッツで卒業ソングを考える(※空も飛べるはず、チェリー禁止)

これまでの人生で一番たくさん聴いてる音楽はスピッツの曲。そんな私が、超定番の「空も飛べるはず」「チェリー」以外という謎の縛りを設けて、スピッツの曲の中から卒業のシチュエーションに合いそうな曲と選んで挙げてみる。

なお、卒業に合いそうな曲の定義はこんな感じ。

  1. それっぽい歌詞
  2. 脳内合唱団に歌わせるとそれっぽくなるメロディ

 

歪んだ鏡の向こうに

忘れてた道がある

さあ まだらの靴を捨てて

 

ラララ 泣かないで

ラララ 行かなくちゃ

いつでもここにいるからね

歌詞をよく読んだら送り出す側の歌だった。子供が巣立つときにひっそり自分の心の中で再生したい。

 

  • 謝々!

やり直しても良いのです 今度は一人ぼっちでも

記号化されたこの部屋から ついに旅立っていくんです

生まれるためにあるのです じかに触れるような

新しいひとつひとつへと 何もかも悲しいほどに

 あくまで優しい君に謝々!!

赤い土にも芽吹いた

くす玉が割れて笑い声の中

君を見ている 

この曲を推したいがためにこの記事を書いたといっても過言ではない。旅立ち、感謝、君への密かな思い、明るいメロディに全部のっかってる。どこかで卒業シチュエーションで流してほしい。

 

  • 遥か

思い出からツギハギした悲しいダイアリー

カギもかけず 旅立つのは 少し怖いけど 

僕らそれぞれ 仰ぎ見る空

夢から醒めない翼

遠い 遠い 遥かな場所へ 

卒業ソング認定するには曲調が幻想的過ぎたかも?静かな場所で聞きたい曲。

 

  • 春の歌

春の歌 愛と希望より前に響く

遮るな 何処までも続くこの道を

 

歩いていくよ サルのままで孤り

幻じゃなく 歩いていく

 

春の歌 愛と希望より前に響く

聞こえるか?遠い空に映る君にも

「春」ってタイトルで言いきってるので。ゆったりした曲調だけど、歌詞は全体を通して前向き。旅立つ人を励ます歌だと思う。

 

  • ルキンフォー

思い出で 散らかった部屋を

出てゆくよ 言ってたより 少し早く

ルキンフォーめずらしい 生き方でもいいよ

誰にもまねできないような

燃えカス時代でも まだ燃えそうなこの

モロく強い心 君につなげたい かないそうな気がしてる

これから大きく羽ばたくぞ!という野心を歌ってもギラギラした曲にならないのが、スピッツのすごいところ。引用した歌詞あたりのサビにかけて盛り上がる部分が好き。

 

卒業ソングのことを色々と考えてみて、別れに主眼をおくか、新たな出発に主眼をおくかで選び方が変わるなと思った。

個人的には切ない別れを惜しむより、旅立つ人が元気になるような選曲をしたい。

 

年度末はもう少し先だけど、冬が終わり、新しい出会いと別れがある春は好きな季節。別に今年も自分は何からも卒業しないけど、そんな季節に出会いと別れを歌った曲を聞きながらぼんやりするのは楽しい。定番を外した隠れた卒業ソングをもっと知りたいので、スピッツにかぎらずオススメがあったら教えて下さい。

 

ちなみにスピッツのメンバーは皆今年で50歳になるらしい。草野マサムネ(50)!ひょえー。