読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

早期に子供にローマ字を教えて英語に馴染ませ作戦

暮らし

f:id:miraimemory:20170107175617j:image

子供の頃に初めてローマ字を習ったとき、すごく感動しなかった?

「これでこれから何でも英語で書ける!」って。実際はそんなことは全然ないんだけれども。

「私、英語書いてる!かっけー!」って、片っ端から色んな日本語をローマ字で書いて悦に入っていた思い出。

うちの子供たちは言語に対する興味がとても強く、問われるままに答えていると漢字なども積極的に覚えていく。

これ、ちょっと早いけどローマ字を教えたらあの頃の私のように「英語かっけー!」とテンション高く楽しく覚えるかもしれないと思ったので、暇なときに教えてみた。

はじめは母音と子音の概念から教えようとしたんだけど、子供たちの年齢ではさすがに理解できる気配はなかったので、路線変更。

ローマ字版あいうえお表を作って、好きな言葉を何でもローマ字で書いてみてごらん、としてみた。

冒頭の写真にあるプリント裏紙に書きなぐったお手製あいうえお表を見ながら、家族の名前やらポケモンの名前やら一生懸命にローマ字表記する子供たち。こちらの思惑どおり「英語で書けた!かっけー!」と盛り上がってる。KABIGON。MARUMAIN。確かにかっけー。

しばらくこの表を手引きにローマ字を覚え、少しずつ直感的に英語も読めるようにならないかなー、なんて。 

 

あと子供の頃の「かっけー!」体験としては筆記体を習ったときもテンション上がったな。でも今後は学校では教えなくなるらしいね。確かに使わないもんな。