読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

私は何と戦ってこんなに必死なんだろう

定時で上がれる算段で仕事をしていたら、素敵なタイミングで現れたお客さん。上司と一緒に対応した。重要な話だったのでもちろん話の終わる最後まで同席し、お客さんが帰るのを見届けたら自分も大急ぎで帰宅。

保育園に通う下の子、いつもより遅めのお迎えになり不機嫌かと思いきや、意外に機嫌が良かったのでホッとする。しかし保育園で先生とある用品のやりとりをするママさん達を多数目撃。もしやあれは、準備して下さいとお願いされていた用品だったんじゃ…。

俄然不安になり、下の子と帰宅後にお手紙確認。やっぱり明日までに準備して提出しなきゃいけない用品があったー!!ていうかそもそも用品を準備していない。

明日も保育園は開いてる。でも夫も私も土日休みなのでうちの子は土曜に保育園に行くことはない。

どうする?明日の朝に用品を買いに行って、その足で保育園に届ければ別にいい。でも明日は土曜日。何も予定はない。ないからこそ平日よりゆっくり寝てられる。早起きしたくないー。今日中に自分の過失を取り戻したい。

そう考えて、学童から帰ってきたばかりの上の子も早々につかまえて、三人で夕方の半端な時間に車で用品買いに出陣。

用品は無事に買えたので、保育園にそのままお届け。お迎え後に再び現れた私に若干驚いている先生にお渡しした。

バタバタついでの勢いで、ドラッグストアに寄って切らしかけでどうしても気になっていたシャンプーを買い、今日出したら連休中のミッションが一つ減るからと夫のワイシャツをクリーニングに出して、ようやく帰宅。

今日はビーフシチューを作ると数日前から決めていたので、家にはそれしか材料がない。なんだって今日にかぎって時間のかかるメニュー…。でも材料がそれしかないので仕方ない。圧力鍋先生を信じて、可能なかぎりの時短で何とか完成させる。

さすがに煮込み時間が足りなくて、スジ肉がちょっと固くなった。悔しい。

 

さてご飯を食べ終えて、一息ついて思うこと。

 

…私は一体何とこんなに必死に戦っていたんだ。

 

晩御飯作り以外、明日で大丈夫なことを無理くり今日に詰め込むナンセンス。

でも全ては休日のため。休日に「やらなきゃいけないこと」があることがストレスだから「やらなきゃいけないこと」は平日にこなしてしまいたいという、こだわりゆえ。

何と戦ってるか自分でもよくわからないけど、戦いたいから戦ってるんだよ。そして多分今日は私は勝った。

 

さてこれからお風呂入って子供を寝かしつけて、ドラッグストアでこっそりついで買いしたチーザをアテに焼酎お湯割り飲むんだ。

皆さま良い週末を。