未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

今年買って良かった物はフィスラーの圧力鍋

今週のお題特別編「今年、買ってよかった物」(2016年を買い物で振り返ろう

今年も色々買った。買い物大好き。買い物万歳。

そんな中、買ってよかったなーと思うもの断トツのナンバー1は、フィスラーの圧力鍋。

フィスラー 圧力鍋 ビタクイック 4.5L ガラス ふた 付 600-300-04-093

料理は人並みにするが、キッチン雑貨は滅多に買い足さない。そんな私が珍しくふらりと立ち寄った「おしゃれキッチン雑貨のセレクトショップ」でこの圧力鍋に出会った。
その店は店員さんがキッチン雑貨大好き主婦という感じで、店内の商品に詳しくて相談すると親身にアドバイスをくれる。
もともと圧力鍋を持っていなかったので一つ買いたいなと下見程度の軽い気持ちで、店の目立つところに置いてあったパール金属の圧力鍋を何となく眺めていた。

パール金属 圧力鍋 3.5L IH対応 3層底 切り替え式 レシピ付 クイックエコ H-5040

するとさりげなく近付いてくる店員さん。

「圧力鍋をお探しですか?」と声を掛けられ「それならおすすめがあります!」と、言われるがままに別のコーナーに連れて行かれた。

そこで紹介されたのがフィスラーの圧力鍋。蒸し器みたいに使えるザルやら普通のガラス蓋やらおまけがついたセットが、今ならお買い得価格とか。

あと最初に見ていたパール金属の圧力鍋は容量3.5L。我が家のような四人家族だと容量不足らしく、最低でもフィスラーの4.5Lあった方がいいらしい。

パール金属とフィスラー、容量が違う、付属品が色々ついてるという点を差し引いても、お値段の差は3倍以上。

「どうしてこんなに値段が違うんですか?」

と聞くと「品質の差です」

曰く、値段の張るものはモノが良く、料理の仕上がりも違うのだと。まあ確かに鍋は高いものは高い。鍋ってかさばるから、安物買いの銭失いになるのも嫌だしなと私が迷っていると、手応えを感じたのか「この商品は絶対おすすめです。値段分の元は取れます。後悔しないはずです」と更に畳み掛ける店員さん。

今思うと、彼女かなりのやり手さんだったのかも…。その力強い言葉に妙に説得力があって、その日にそのままフィスラーの圧力鍋を買ってしまった。

 

そして、使用してみて1年弱。

うん、彼女の言葉を信じて買って良かった。

我が家では大活躍。週1回は使っている。

買ったばかりの頃は付属のレシピ本を見て色々と目新しいものを作っていたけど、時間のかかる煮込み料理が短時間で作れるのが一番便利だなというのが結論。

筑前煮、おでん、角煮、シチュー、カレーなどなど。

これまで「早朝に下準備してある程度煮込んだら、火を止め鍋ごと新聞紙でくるんで保温調理して、夜に再加熱して食べる」という涙ぐましい努力で作っていた煮込み料理が、夕方に材料を切り始めるところから始めても、ちゃんと夜ご飯に間に合うようになった。

フィスラー以外の圧力鍋は使ったことがないから、料理の出来にどれだけの差があるのかは正直わからないけど、この鍋で作った料理は皆おいしいと喜んで食べてくれるので、圧力鍋初心者にも自信を持っておすすめしたい。

どんどん寒くなって煮込み料理の食べたくなるこれからの時期、最も出番が増えるはず。