読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

Celtic&Coのシープスキンムートンブーツを2度目の個人輸入

ファッション

 UGGでもemuでもない本格ムートンブーツを個人輸入 - 未来メモリー

この記事を書いたのが11月4日。結局この後、記事内で欲しいと目をつけていたショートブーツ(黒)を注文した。人生2回目の海外通販チャレンジ。前回の記事は4年前の買い物を記憶呼び起こしながら書いたので、今回はもう少し正確に書こう。

11月9日 注文

Celticの公式サイトで商品を注文。注文受付の自動メールが届く。
そのメールの2時間後、商品の発送通知メールが届く。はや。Amazon並。

ここでdespatchという単語が「発送する」という意味だと知る(その程度の英語力・・・)メール内に商品到着まで14~21日かかると書かれていた。 

11月16日 商品金額の確定

商品の決済に使った楽天カードからカード利用通知メールが届く。このタイミングで商品金額の確定。

商品代£104.17、送料£7.95の合計£112.12に対して、請求金額は14,662円。
 → £1≒130.8円換算
ここ最近ではかなりいいレートで買えたみたい。

11月16日 Ceiticから再度のメール

偶然にも商品金額確定と同日、Celticからメールが届く。
「商品届いたと思うけどどう?気に入った?良かったらGoogle+でレビュー書いてね」
何かと思ったらレビューのお願いだった。

ごめん商品まだ届いていないし、Google+やってない。
おそらく国内発送の場合の標準到着日を目安にメールが送られているのだと思う。

11月28日 問い合わせメールと商品到着

最初にメールに書かれていた14~21日には達していないものの、海外通販の商品が届かなかった体験談などを読んで俄然不安になる。
「海外からの注文だから時間かかるのわかってるんだけど、まだ届かなくて不安になってきたから、どうやって発送したかとトラッキングコード教えてくれる?」という旨のメールを昼休みにCelticカスタマーサポート宛てに送ってみる。

ところがこの日、帰宅したら郵便局から配達不在通知が届いていた。

私の送ったメール、完全に勇み足の行き違いだった。申し訳なくなる。
再配達を依頼して、その日のうちに無事に荷物受け取り。


商品に関税がかかる場合は、この荷物受け取りのときに郵便屋さんからお金を請求されるので、ドキドキする。

関税の請求はなく、すんなり受け取れた~。ラッキー。


正直2~3000円かかると思ってたから、得した気分。


f:id:miraimemory:20161129123939j:image

 届いたブーツ実物がこちら。
シンプルかわいい。タグもかわいい。


f:id:miraimemory:20161129123950j:image

内側はこんな感じ。モッフモフ。

 

f:id:miraimemory:20161129124004j:image

 

2012年に買ったものと比較。古いほうのくたびれ具合がよくわかる。古いほうは履き口が切りっ放し。新しいほうは履き口に縁取りあり。縁取りある方が好みだ。
今回買った方が丈が短いと思っていたけど、比較したらあまり差がなかった。
古いほうがクタクタだから余計にそうみえるのかも。

 

届いた商品を観察した後、メールを確認したらCelticカスタマーセンターのトレイシーから返信が来ていた。返信も早い。
「あなたの注文は11月9日に発送したけど届くのは14~21営業日後だよ。まだ13営業日しか過ぎてないから直に届くと思うよ。海外発送だから追跡はできないけど、発送から42日経過しても(要は12月21日になっても)なお届かなかったら、何らかの手を打つからまた連絡してね。」
という内容だった。

さてこの後、Celticのカスタマーセンターに「ごめん、届いてた!テヘペロ」ってメールを送らなくては。
メールに「日本語でブログに書いたよ」ってこの記事のリンクも貼ってみよう。