読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

無痛分娩しようとしたけどしなかった

上の子は普通分娩で産んだ。予定日を何日か過ぎてもなかなか陣痛が来ず、最終的に陣痛促進剤を使用しての出産だった。

分娩はすごく痛かった。でも我慢できない痛みでもなかった。
もしもう一人妊娠したらまたあの痛みを経験するのかと考えると「しょうがないから、やるか」とも「避けられるもんなら避けたいな~」とも思った。

そして下の子を妊娠。
上の子は里帰り出産したが、下の子は実母に自宅に来てもらい、自宅の近くで産むことになった。

自宅から通いやすい範囲での産婦人科選びの情報収集をしていると、個人経営の産婦人科で無痛分娩の対応しているところを見つけた。
普通分娩はもう経験したし、二人目はここで無痛分娩に挑戦したいと思った。
「痛みから逃げたい」とか「楽に生みたい」より純粋に好奇心で「普通分娩と無痛分娩、どう違うのか自分で経験したい」と思っていた。

早速その産婦人科に行ってみると、新しくはないが清潔な病院内部、穏やかな雰囲気のおじさん(おじいちゃん?)院長、看護師さんも年齢層高めの落ち着いた感じ。
雰囲気が良かったので、そこにかかることに決めた。
この病院を選ぶ決め手となった自分の希望も伝えておこうと、結構早い段階で「無痛分娩を希望してるんですけど」と院長に言った。
「そうですか、わかりました」と割とあっさり受け入れてもらったのでホッとした。

お腹の子供はすくすくと順調に育った。
母子共に問題なく、気を付けることといえば、自分の体重が急激に増えすぎないようにすることくらいだ。

そして検診でもなんでもないある日の午後、病院から携帯に着信があった。
何事かと思ったら
「院長先生に病気が見つかり、しばらく病院を閉めることになりました。
当院で出産予約をしている妊婦さんは全て転院して頂きます。
希望の転院先があれば紹介状を書くので、都合のいいときに一度いらしてください」
というお知らせ。
びっくりである。

結局、第2子は産婦人科選びのときに第二希望で考えていた総合病院で出産した。
もちろん無痛分娩には対応しておらず、普通分娩だった。
上の子のときに比べたらすごく安産だったが、やはり2度目の出産も「この痛み、避けられるものなら避けたかったー!」くらいには痛かった。

日本ではまだ少数派の無痛分娩、貴重な経験ができそうだったのにできず、ちょっと残念だった思い出。
未だに「母の我慢=美徳」となりがちな現代に、無痛分娩の経験者としてポジティブなこと発信したかった。自分が経験していないんじゃ、何も言えない。

特別な事情や持病がないかぎり、今は出産方法は結構自由に選べる。
だから子供を産むお母さん本人が助産院でも総合病院でも個人病院でも、無痛でも普通分娩でも、自分の納得のいく方法で好きに産めばいい。

子供自身は自分がどんな方法で生まれてきたかなんて覚えてないし(もし覚えてたらオカルト)出産方法を選ぶことそれ自体は母親の自己満足で、それ以上でもそれ以下でもない。だから当事者以外がどうこう口出す必要はない。
医療的に何か問題が発生するような自分勝手なお産をすることは、もちろん論外だけど。

 

出産方法に正解も不正解もない。

私も下の子を無痛分娩で産んでみたくて産めなかったけど「ま、それはそれ」としか思わない。結果オーライ。結果が全て。どんな方法で生まれてきても子供の可愛さは変わらない。

ちなみに無痛分娩を予定していた産院はネット上のわずかな情報によるとそのまま閉鎖してしまい、院長先生はお元気なのかわからぬままだ。

看板も無くなってしまったその産院の前を通ると、未だにちょっとさびしい。