読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

「ちゃんとした医療メディア」2つ紹介と、素人から見た医療サイトの沼

 DeNAがやってるウェルク(Welq)っていうのが企業としてやってはいけない一線を完全に越えてる件(第1回) | More Access! More Fun!

少し前から話題だったWelqに対して、いよいよネットユーザーの不信感と不満が臨界点のようだ。サイトの抜本的改革や閉鎖はありうるのだろうか。今後も動きが気になるところだ。

ところで現状、病気名とか症状でググっても、最上位にWelq他、真偽不明な情報が出てくるばかり。インターネットでちゃんとした医療情報を見つけたかったら、どうすればいいの? 

具体的な「ちゃんとした医療メディア」を挙げてみよう。

 

ひとつめ。

medicalnote.jp

このサイトの理念はこんな感じ。 

メディカルノートは、現役の医師や医学生が運営する医療Webメディアです。

臨床の第一線で活躍する各科の専門家の監修・執筆やインタビューを通じて、病気や医療に関する信頼できる情報をやさしくお伝えしていきます。

エビデンス」と「専門家の臨床におけるエクスペリエンス」に基づいた医療情報が得られる世界を、

医療従事者の方のお力をお借りして実現していきたいと思っております。

 

 

 ふたつめ。

medley.life

このサイトの理念はこんな感じ。 

医療に関する最新情報は、いくつものニュースサイトや新聞、雑誌にばらばらに存在していますし、病院に行こうとしても、病気について調べたサイトとはまた別の病院検索サイトを利用する必要があります。

病気にかかった人にとって必要な情報が様々な場所に散らばっている上、その中には、必ずしも医学的に見て妥当ではないものがあります。

この状況をよりよくするために、MEDLEYは一つ一つの病気について、その基本的な知識や治療法、薬の説明、そして関連した病院の情報などをまとめ、情報を見つけやすくします。

情報の信頼性を高めるため、専門的な知識と経験を持った、医師をはじめとする医療従事者の監修協力は欠かすことができません。MEDLEYでは、あらゆる医療情報の最終編集権を、有資格者である医師が有しています。専門的な知識や経験のない人間が、不用意に医療に関する情報を作成し、公開するといったことはありません。 

 

もともとこの記事では自分が知っていた「MEDLEYオンライン病気事典」を紹介しようと思っていた。しかしこのサイトに直接ついていたブクマの id:greentealove さんのコメントが面白かった。

MEDLEY(メドレー) - オンライン病気事典

医師編集だからと騙されてはいけない。研修医期間を含め医師経験10年も満たない人が監修。信頼性に欠ける。協力医師においてもベテラン医師はごく少数。運営幹部に医学部卒でありながら臨床経験が全くない人がいる。

2016/11/12 22:26

b.hatena.ne.jp

興味を持って、彼(彼女?)のブクマ一覧を閲覧。 どうやら株式会社メドレーに嫌悪感を持っているようだ。

【東大→医師→マッキンゼー】最高のキャリア持つ若者が起業した理由――日本医療の破綻 | CAREER HACK by enjapan

ここの会社の代表取締役のひとり、東大、脳外科医、外資系という素晴らしい肩書きのわりには中身が伴っていないというイメージ。キレイごとを語り、医療の核心から目を逸らそうとしている単なる無能医師。

2016/11/12 01:25

b.hatena.ne.jp

そんな id:greentealove さんが勧めていたのが株式会社メディカルノートのサイト「メディカルノート」。サイトに直接こんなブクマをつけている。この人のブクマを読むまで私は「メディカルノート」のことは知らなかった。

病気や症状等の医療情報をわかりやすく 医師と患者をつなぐ医療メディア | メディカルノート

病気・症状等の医療情報を分かりやすく解説したサイトが乱立する世上、最も信頼できる医療メディア。

2016/11/12 22:53

b.hatena.ne.jp

id:greentealove さんは何者なのか。メドレーと利害関係にある人なのかどうなのか、はてなidの情報が少なくて定かではないのでブクマの内容を鵜呑みにするのは怖い。一方で、MEDLEYオンライン病気事典については、この人のいうことも一理あるかもしれない。

というわけで、2016年11月現在、インターネットで比較的信頼性のある医療情報を調べたい人は、上記2つの専門家による医療サイトをお気に入り登録しておいて、必要に応じて併用して有効活用するのが最も無難だろう。

とりあえず、このやり方で脱・医療情報キュレーションしよう。上記2つの専門家サイトの優劣も気になるところだが、非専門家による医療情報のキュレーションサイトに人が集まらないようにするのが最優先。

 

それにしても医療という分野は沼だ。

「命に関わる」というインターネットの手軽さにはなじみにくい側面があり、たくさんのお金と人が動き、高齢化社会においては金脈であり、さまざまな利権が絡む。

我々のような素人は、志が高く、確かな知識のある人が最も強くなることを祈りながらキョドキョドとネット上の動向を見守るしか出来ない。歯がゆい。

 

 

--------11/25 19:00追記

【お知らせ】「専門家による記事確認」および「記事内容に関する通報フォームの設置」について|WELQ [ウェルク]

早速Welq編集部が手を打ってきたぞ。

さてさてどーなる。