読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

Celticの本格シープスキンムートンブーツを個人輸入


f:id:miraimemory:20161104093024j:image

真冬の主婦の着用率が超高いムートンブーツ。一度その防寒性を知ってしまうと確実に手放せなくなる便利アイテムだ。

GUで1000円くらいのフェイクムートンブーツを毎年買い替えるのもいいけど、フェイクとリアルではやはり暖かさが全然違う。

でも、リアルムートン選ぼうとするととにかく人とかぶる。特に遭遇率の高いのがUGGとemu。どちらも羊さんの国、オーストラリアのブランドだ。

[アグ] UGG ウィメンズ Classic Mini 5854 BLK (ブラック/07)

↑UGG

(ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング) UNITED ARROWS green label relaxing [エミュ]EMU STINGER MICRO CB ブーツ 36314991015

↑emu

 

人とかぶりたくないけど、本格ムートンブーツを履きたい。そんな人にはイギリスのブランドCelticのブーツを個人輸入するのがオススメだ。


Sheepskin Footwear & Clothing by Celtic & Co

個人輸入と言っても、上記公式サイトでのオンラインショッピングをクレジットカード決済するだけ。注文受付メールも中学生レベルの英語が理解が出来るなら何ら問題ない。もちろんレディースに限らず、メンズやキッズ商品もある。

UGGもemuも人気なだけに偽物もすごくたくさん出回っていて、確実な公式店舗で買おうとするとお値段は大体20,000円くらいになる。

Celticの最もオーソドックスなブーツが2016年11月現在£140なので、現在相場の£1=130円換算だと18000円程度となり、大して変わらないどころかむしろ少し安い。送料も買う物の大きさによるが£5~7で、海を渡ってやってくる割には高くない。

 

冒頭の写真はそんなCelticで実際に私が4年前に買ったもの。このときの買い物履歴を見ると、本体£82.50、送料£7.60で買っている。今は商品自体が随分値上がりしてしまったようだ。

しかし3度の冬を越しながらも(本当に冬の間は文字通り毎日履いていた)、へたらないし変わらず暖かいので、今年もう一つ買い足そうかと検討してきる。持っているのより更に丈の短いShortieの黒、欲しい…。

ちなみにサイズは普段24㎝の靴を履いている私がイギリスサイズの5を選んでピッタリだった。

 

ただし海外から直接商品を買うときに、必ず気にしなくてはならないのが関税。特にムートンブーツは税関を通るときに革靴と認識されると4000円くらいかかってしまうらしい。

自分の買ったブーツは一体いくら関税が要求されるのか、前回購入時にはドキドキしながら商品到着前に何度も関連情報をググったが

「商品配送時に配送業者さんから直接請求される」

「法律上の規定より安く済むこともままある」

「場合によっては関税を請求されないというラッキーなこともある」

というような非常にザックリとした情報しか見つからなかった。「結局は運で、届くときまでいくら払うかわからないということか」と腹を括って待ったところ、商品到着時に請求されたのは2500円ほど。事前に調べた情報通りの順当な金額だった。

 

ムートンブーツ以外にも上質で暖かそうな商品がたくさんあるCeltic

公式サイトを見ているだけでほっこり冬気分が盛り上がって楽しいので、一度のぞいてみてほしい。


追記------

2016年に購入時の値段、注文から到着までなどの詳細な記録はこちら。


Celtic&Coのシープスキンムートンブーツを2度目の個人輸入 - 未来メモリー