読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

レコーディングダイエットは妊婦の体重管理に最適

この記事を読んで、もう7年以上前になる第1子妊娠中の生活を思い出して懐かしくなった。

小さい頃から痩せ体質で、食に対する執着も弱くダイエットとは無縁だった私。

ただ、第1子を妊娠すると、ご飯がたまらなく美味しくなった。

産婦人科からは「あなたは元の体重も少ないので、出産までに元の体重+8kg~12kgを目標にしましょう。」と言われていた。

毎日ご飯が美味しくてたくさん食べられるのが嬉しく、つわりもごく軽く早期に治まったため、調子に乗って色々食べていてふと気づいた妊娠5か月。

「やばい、このペースで体重増えると出産までに+12kgではとても済まない…」

妊娠高血圧症も、産婦人科で怒られるのも怖かったので、一番手軽に始められそうなレコーディングダイエットを開始した。

 

そしてさっき発掘した、当時の実際の記録がこちら。(スマホアプリなんてなかったので、ノートにアナログ手書き。殴り書き…)
f:id:miraimemory:20161102091213j:image


f:id:miraimemory:20161102091224j:image

ノートに記録したのは

「その日の体重」

「朝食、昼食、間食に食べたもの全て」

日付の横に◎○△やら書いているのは何の意味があるのか記憶が定かでないが、おそらくよく歩いた日を自己評価していたのではないかと思われる(曖昧)

4/13(水)最初に体重「52.2」と書き損じて慌てて「52.1」に直したような形跡があるのが、当時の必死さが出ていて我ながら笑える。

 

しかし今振り返ると、手軽さゆえに何となく始めてみたレコーディングダイエットはちゃんと効果があり、結局第1子出産時は元の体重+12kgと目標ギリギリきっちりになった。

自分の周りの友達を見ていると、元が痩せ体質の人ほど、妊娠中に食欲増加などで大きく体質が変わり体重管理に苦労するケースが多いように思う。

  1. 妊娠中なので、栄養バランスには気を付けなければいけない。
  2. でも、過度な間食を抑制したい。

この二つのポイントを満たすためにはレコーディングダイエットは最適だったと思う。

 

レコーディングにあたって自分が鉄則としたのは

食べたものを必ず全て書き出すこと

ロールちゃんを一本食いしちゃった日には罪悪感から「ちょっとこれは無かったことにして、ノートに記すのはやめようか…」という誘惑もあった。しかし一度それを許すと、その後もノートに書けない裏情報が増えていく予感がしたので、結局泣く泣く記録した。

また、誰に見せるでもないノートだが、書いて記録していくとなると妙な見栄が出るらしく、朝昼晩の食事が無意識に栄養バランスの良い内容になっていった。

そんなわけで、この程度の簡単な内容でいいので、特に体重増加に悩む妊婦さんにはレコーディングダイエットを自信を持っておすすめしたい。

ちなみに第2子妊娠中も同じように食欲増加したが、体重はあまり増えなかったのでレコーディングダイエットはしなかった。やんちゃ盛りの第1子を追い掛け回す日々で、よく身体を動かしていたからだと思う。