読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

独白

今を見直すために便利さや豊かさを捨てることは可能か

あれは教師だったか、親だったか。 昔、学校の授業で「環境破壊はいけない」みたいなことを学習したときに「じゃあもう人間はみんな原始時代みたいな自給自足生活に戻ればいいんだ。そうすれば環境問題なんて全部解決する」と言った私(小2病…?)は、「人間は…

「育児しんどい」のに仕方なく子育てするのって時間の無駄だと思わないの?

「働きたくない」のに仕方なく働くって時間の無駄だと思わないの? - まじまじぱーてぃー 彼女が何と戦っているのかは、よくわからないのだけど。 それなりに仕事は楽しいし、やりがいがあるし、スキルアップできてても、別に皆が皆、自分から 「仕事楽しい…

起業とはエネルギーを持て余した非凡な人間のすることだと思っていた

4ヶ月で大学を中退し起業します。レールに沿ったつまらない人生はもう嫌だ。 - いしだの話 彼の記事を読んでなぜ心がザワザワしたのかを考えていた。 私の大学の頃の知人には、起業して成功した人が何人かいる。 いずれも活発でじっとしていられないタイプで…

よそ者から見た広島の人と広島東洋カープ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160910/k10010680221000.htmlhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20160910/k10010680221000.html 今夜、カープがセ・リーグ優勝を決めた。 私は広島出身ではないが、現在、広島在住である。住み始めてからは何年か経つ。 こ…

「男が奢って当たり前」は恋愛感情のない相手に適用してはいけない

批判覚悟!デートで男がおごるのは当たり前でしょ? - 19歳で倒産に追い込まれた忙しい女子大生のおしながき こちらは30代だけど女性として、この記事の言いたいことは内心ちょっぴりだけわかる。 世の中には奢られ上手でキラキラしている女性がたくさんいる…

行き過ぎた自然派さんを見分ける要注意キーワード

「自然派」の定義は人によってマチマチ。 無農薬野菜にこだわったり、化学調味料や化学繊維を避けた生活をしたり。 時間とお金に余裕がある人は、日々を丁寧に暮らすなり、好きなようにすればいいと思う。 私は時間もお金も先々のために使いたいから、その辺…

いじめの現場に遭遇した大人はどう振る舞うべきか

いじめを理由に自殺する子供が絶えない。 自殺は最悪の結末であって、現在進行形でいじめられていて、悩んでいる子供たちがたくさんいるのだろうと想像するとやりきれなくなる。 ふと、もし道端で見ず知らずの子供が、複数の子供から小突かれたり、無視され…

フジモンは理想の夫なので主婦として木下優樹菜が羨ましい

熱烈なアンチがいることで知られるユッキーナこと木下優樹菜。ちょっとしたことで炎上炎上と騒がれている。最新の炎上の一例。 木下優樹菜 インスタグラムに長女の入浴姿を投稿し批判殺到 - ライブドアニュース しかし、同じく子持ちの主婦の私から見ると、…

印象的なアイコン画像の考察と、画像の変更

はてなではアイコン画像やらプロフィール画像やら、いくつか画像を登録できるけど、統一する方が印象付きやすいと思う。 中でも本人の顔写真が最も印象的なのは間違いないが、これはなかなか私にはハードルが高い。足がつくの怖い。 かわいいキャラクターの…

煽り記事でPVを稼ぐしかない現状を誤魔化してはいけない

www.aitabata.com 嘘をつく人と言い訳をする人が嫌いだ。 見え透いた嘘でその場をしのごうとするのは、見苦しくてなお悪い。 彼女のブログを観察すると、彼女のブログの本音と実態がよく見える。 ブログの冒頭にある【人気記事TOP3】 これ、システムによるア…

変な漫画バナーが不快だったことに初めて気が付いた

ネットでよく見る漫画のバナー広告が好きになれない - しっきーのブログ この記事を読んで、ああ、そういえば私もあれ不快だった、と初めて気付いた。 というのもスマホは普通一人で見るものなので、不快だなと思っていてもまるで些細な独り言のように頭を過…

キャパシティの大きい人、小さい人

http://anond.hatelabo.jp/touch/20160714095611子育て死ぬ系の記事が理解も共感も出来ない - はてな匿名ダイアリー中学の頃の私は学業の成績もよく、成り手のないクラス委員などの係は見るに見かねて引き受けたりする生徒だったので、自分でいうのもおかし…

ブログ開始、方針の模索

自分の言葉、 SNSにも流さない独白、 誰にも言わずにこっそりここに書いていきたい。 つまらないことでも頻繁に記そうか。 頭を使って使って頻度は落ちてもしっかり書こうか。 自分の一番いいペースをつかんでいきたい。