読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

地中海料理と人がテーマの短編集「チーズと塩と豆と」角田光代、井上荒野、森絵都、江國香織

※ネタバレはありません。オムニバス短編集の書評に野暮な注釈だけど。 角田光代の本を借りようと思って図書館に行ったら目についたので借りてきた。 私は角田光代、江國香織の本は読んだことがあったけど、森絵都は読んだことないし、井上荒野は名前自体が初…

今秋に映画化の「ナミヤ雑貨店の奇蹟」最後に全てが繋がるファンタジックミステリー

※ネタバレはありません。 東野圭吾の書評が続く。2017年9月に映画化される「ナミヤ雑貨店の奇蹟」 悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の…

「芦田愛菜、難関中学に合格」のニュースを見て東野圭吾「秘密」を思い出した

※「秘密」のネタバレはありません。 芦田愛菜、超名門私立中に合格 昨夏から芸能活動セーブで1日12時間の猛勉強 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 少し前のニュースだけど、このニュースを見て何かを思い出すんだよなと思っていたら、あれだ。東野…

東野圭吾「プラチナデータ」原作は面白いのに映画はミスキャスト

※ネタバレはありません。 久しぶりに書評。私の敬愛する東野圭吾先生の「プラチナデータ」 国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA操作システム。警察庁特殊解析研究所・神楽龍平が操るこのシステムは、現場の 刑事を驚愕させるほどの正確さを持って次々と犯…

ホラー初級者がとてもお気に入りの怖い話4つ

悪趣味なことだが一時期2ちゃんねる発の怪談話を読むのにハマっていた。 2ちゃん発というだけあって、内容のクオリティは玉石混淆。 その中でもインパクトといい、話の展開といい、これはよく出来てる!と気に入って何度も読み返している話がいくつかある。 …

自分探しの若者と辿るミステリー「夢幻花」東野圭吾

※ネタバレはありません。 夢幻花 (PHP文芸文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2016/04/07 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログ (14件) を見る 気合の入った帯の紹介文と、綺麗な装丁に心惹かれて手に取った一冊。 東野圭…

教養は親から子へ贈るものなのかもしれない

今週のお題「プレゼントしたい本」 頭のいい子を育てる日本のおはなし ハンディタイプ (.) 作者: 主婦の友社 出版社/メーカー: 主婦の友社 発売日: 2014/07/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 幼児~小学校低学年くらいの子供…

リアル?大袈裟?面白すぎるママ友小説「森に眠る魚」角田光代

※ネタバレはありません。 森に眠る魚 (双葉文庫) 作者: 角田光代 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2011/11/10 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (11件) を見る ママ友と聞くと「怖い」「ドロドロ」「女の世界」とネガティブな…

ビジネスマンもポエマーも楽しめる金融ハードボイルド「タックスヘイヴン」橘玲

※ネタバレはありません。 タックスへイヴン Tax Haven (幻冬舎文庫) 作者: 橘玲 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/04/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 何か小説でも読もうかと思って書店をうろうろしていたときに何となく見つけた…

恩田陸「夏の名残の薔薇」から「去年マリエンバートで」を想う

今週のお題「映画の夏」 一時期、恩田陸の小説にハマっていた。 「夏の名残の薔薇」という小説は、幻想的で観念的で、好き嫌いが分かれると思うが、私はお気に入りだった。 この小説の中に「去年マリエンバートで」という古い映画が出てくる。 そもそもどう…