未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

虚言癖らしき人に接してその行動パターンを学んだ思い出

何年か前に職場に繁忙期のみの期間限定の契約社員の人がやってきたんだけど、彼女は虚言癖だったと思う。仮にAさんとしよう。

私はAさんとはあまり関わらなかったが、優しくて穏やかな同僚のBさんはAさんに気に入られたらしく、二人は時々お喋りしていた。

ある日、AさんのいないところでBさんが「Aさんって実は芸能活動しているらしいよー」と言い出して、その活動の詳細を教えてくれた。

  • 複数のアーティストにいくつか楽曲提供をしているから、印税収入がある。
  • △△や◎◎という芸能人はAさんの友人。
  • 過去に○○という雑誌のモデル活動をしていた。

こんなことを話すBさんの表情も半信半疑。

楽曲提供については、まあ芸名を使っていたとしたら一概に嘘とは言えないけど、雑誌のモデルは、嘘だろー…。Aさんは確かに整った顔立ちをしてるものの、スタイルは超普通。身長も顔の大きさも手足の長さも、至って普通。雑誌○○のモデルをやるにはどう見ても普通すぎる。

Bさんの話を聞いてから興味を持ってAさんの名前でググったが、Aさんの本名での芸能活動はヒットしない。もし芸名で過去に何かやっていたらわからないけど…と思っていたら、あるSNSでAさんらしきアカウントを発見した。早速見てみると、少しぼやけてはいるものの写真が明らかにAさん本人。そのSNS上にはあまり投稿がなかったが「ブログも書いています」とプロフィールにリンクが貼ってあったのでブログも読んでみたところ、驚くべきことにそのブログが嘘だらけだった。

結構マメに更新されていて、日付から判断するに、新しい職場としてうちの職場のことらしきエピソードが書かれている。でもその内容が無茶苦茶。

  • 気乗りしなかったが是非来てほしいと言われて、新しい職場に行くことになった。
  • 次期社長候補として異例の厚待遇で迎えられ、個室と秘書があてがわれた。
  • 同僚からやたら美人だと褒められて戸惑っている。

などなど…

いやいや全て事実無根。アナタ普通の契約社員じゃないですか。まさかリアルを知っている人間にブログを読まれているとは全く思わず、好き放題書いていたのだろう。何だかブログを見つけてしまって、逆にこちらが申し訳ないような気持ちになってしまった。

もちろんブログ見たよとAさん本人に告げることはできず、しかし着々と更新される8割方嘘の書かれているブログをこっそり閲覧することも止められず…。そうこうしているうちに、当初の予定より早く契約を打ち切られてAさんは辞めていった。どうやらあまりに仕事ができず、勤務態度にも問題があったため、契約満了まで待てずに上司が匙を投げたらしい。

結局Aさんの芸能活動の真偽はわからぬままだが、あの嘘だらけのブログを読むかぎり、故意か天然か、嘘をつくことへの心理的抵抗が異様に小さいタイプの人のようなので、虚言癖だったのだろうなと自分の中では結論付けている。

ちなみに私は一度だけ、職場でAさんと会話中、以前の会話の内容とハッキリ矛盾しているところをチクリと指摘したことがある。矛盾を認めるかなと期待しての指摘だったのだが、Aさんは認めるどころかあからさまに機嫌が悪くなり、辻褄の合わない言い訳を重ねて頑として自分の発言の訂正はしなかった。

 

Aさんの行動を見るに、とにかく他人からの称賛が欲しい、他人からすごい人だと思われたいという欲求がとても強く、それ故に簡単に嘘をついてしまうのだろうなと推測する。

そして嘘をついたと認めることは、自分の弱味を見せること、自分の価値を下げることなので、どんなにおかしな言い分でも絶対に認められないのだろう。

自分を苦しめる生き方だと思うが、本人がそれを矯正する意思がなかったらおそらく他人の力ではどうにもできない。彼女は今もどこかで、一つでも多くの賛辞の言葉を受けるために、ありもしないことを語り続けているのだろう。

ダイソーのマグネットペーパーでチラシ投函お断りマグネットを作った

少し前に引っ越してから以前よりは若干マシになったものの、毎日少しずつ投函されるチラシ広告類。まさに塵も積もればで、帰宅して郵便受けから取り出して普通の郵便物と仕分けする一手間が地味にストレス。

チラシ投函お断りステッカーとかマグネットをわざわざ買うのもなぁと思ってたら、こんなページを見つけた。

チラシ投函お断りステッカーの効果がすごい!無断チラシに悩んでいる方はすぐにダウンロードして使うべき

そうか、作ればいいのだ。自作すればデザインや大きさにも自由がきく。

早速ダイソーのマグネットペーパーを買い、パソコンを開いてWordで適当に一行書いて、クリップアートから×マークを貼り付けて、プリントアウト。
f:id:miraimemory:20170412165623j:image

やや柔らかい字体とマグネットのサイズがあまり大きくならないように気を付けた。何故ならこのマグネットはポスティング業者の目だけでなく、ご近所さんの目にも触れるものだから。あまり自己主張の強いものを貼って、ご近所さんから面倒くさそうな人だと思われたくない…。

字の大きさに合わせて切って、昨日から郵便受けに貼ってるけど、果たして効果はあるのだろうか。しばらく観察して後日追記予定。


f:id:miraimemory:20170412164758j:image

ちなみにマグネットペーパーはこういうもの。

普通の自宅用のプリンターで、普通紙と同じように印刷できた。

困ったのが余った用紙の使い道。一行分しか使っていないんだけど、捨てるのも勿体ないしなぁと思い、二等分にして子供たちにあげた。

結果、子供大喜び。

大事に取ってあったシールを貼ってから切り抜いたり、ペンで絵を描いてから切り抜いたり、二人でせっせとオリジナルマグネット作りに励んでいた。ペラペラのマグネットペーパーだけど、自分でマグネットが作れる!というのは子供としてはとてもテンションの上がることらしい。

おかげで今、我が家の冷蔵庫は賑やかです。最終的には100均万歳\(^^)/という、いつもの結論です。

四人家族のムーミンのパスタ皿

某ローカルスーパーで、買い物1000円につき1枚もらえるシールを指定の枚数集めると、ムーミンの食器をお安く買えますよというキャンペーンをやっていて、この手の企画は毎回スルーする私だけど、見本の食器を見たらすごく欲しくなり、せっせとシールを集めていた。
f:id:miraimemory:20170412122552j:image

ようやく集めたよ~30枚!先日いよいよシールを提出して食器を買ってきた。もらえるんじゃないのよ、買うの。ムーミンのパスタ・カレー皿はシールを15枚集めたら2枚一組が税抜950円で買える。組み合わせが二通りで柄は計4種類だから、シール30枚集めて4種類の柄を揃えた。

我が家は四人家族。各自が自分のお皿を決めて、これから大事に長く使いたいな。

一つ懸念してるのが、誰がどの柄を使うかはこれから決めるということ。まあ大人は余ったものから選ぶんだけど、子供二人に「せーの」で選ばせると、ほぼ確実に第一希望がバッティングする。で、お互い相手が同じものを選んでいるとなると執着がより強まり、ジャンケンで決着をつけることになる。希望が叶わなかった方を「こっちも素敵だよ」と私がフォローする…というのまでが規定路線。これって、我が家だけじゃないよね。きょうだいあるある。

今回はムーミンがドラフト1位競合になると予想しております。

 

30代主婦が綺麗に履きこなせる緩めシルエットのジーパンは存在するのか

タイトル、もしかしてジーパンという言い方がそもそもオバサン…?デニムパンツが正解?よし、全然馴染みがないけど以下デニムパンツで。

 

10代、20代の頃は緩めなシルエットだけど履くと綺麗みたいなデニムパンツを持っていて、楽だし合わせやすいし、よく履いていた。それなりに似合っていたと思う。で、30代になってからはずっとスキニーデニム一辺倒で、飽きてしまったのでまた緩めのデニムパンツ履きたいな~と思って最近探している。予算は一万円前後くらいで。

でも、ふと思った。

モデルとか芸能人ではなく、そこら辺にいる普通の30代女性で、緩めのデニムパンツを綺麗に履きこなせてる人っている?何か、なかなかそういう人って身近にいない気がする。

 

ZOZOTOWNの商品ページで 

レディース>パンツ>デニムパンツ>シルエット:スタンダード

とソートすると、URBAN RESEARCH、JOURNAL STANDARD、SHIPSなどなど良さげなブランドで良さげな商品は結構出てくるんだけど、果たして今の私がこれを履いておしゃれになるのか。

はっきり言って、ラフなおばさんになる予感しかない。内心狙っている小綺麗ゆるめカジュアルになる自信が全くない。

実は去年も同じような内心の葛藤があって、高いもの買って失敗したら嫌だからと、しまむらでストレートデニムを買ったんだけど、やっぱりしっくりこないんだよね。

f:id:miraimemory:20170410081707j:image

しまむらのデニム。多分2000円くらいだった。生地も色もいいんだけど、何か格好よく履けない。あと丈が微妙に短い。

これはケチってしまむらで買ったからいけないのか。もう少しシルエットにこだわりのありそうな高いものを買ったらしっくりくるのか。

それとも、30代女性でゆるめのデニムを綺麗に履きこなそうとするのが、そもそも無理なのか。

もしかして、正解は後者…?

とりあえず近々、しまむらよりは少し高いゆるめジーパン…じゃなかった、デニムパンツを試着してこようと思っている。現実を突きつけられるかもしれない。うう。

ロードオブザリング未視聴だけどAmazonプライムでホビット三部作を楽しんだ

※ネタバレはありません。

ある週末の晩、夫とAmazonプライムで何か映画を観ようという話になり、無料で観られる映画の中から「軽めのファンタジーかねー」と何となく選んで観始めた「ホビット ~思いがけない冒険」。

冒険が終わる前に映画が終わってしまい「次作へ続く」。えっ、どういうこと?

混乱してはじめてホビットがどういう作品だったのかを調べたら、ホビットロード・オブ・ザ・リング三部作より少し過去のお話という位置付けの、三部作の超大作だった。私も夫もロード・オブ・ザ・リングを全く観たことがなく、原作の小説「指輪物語」も読んだことがなく、予備知識ゼロだったがホビットのストーリーにはきちんとついていけた。

ホビット 思いがけない冒険 (字幕版)

(よくよくAmazonの作品紹介を読むと、このあたりの基礎知識についてはちゃんと書いてある…ちゃんと読め、自分たち。)

 

しかし一作観たところで、どっぷりと物語の美しい世界に浸ってしまって、続きが気になって仕方ない。ドワーフたちはエレボールにはいつ着くの!?

続編の「ホビット~竜に奪われた王国」、更に続編の「ホビット~決戦のゆくえ」も全てAmazonプライム無料対象商品だったので、順番に全部観た。

ホビット 竜に奪われた王国(字幕版)

ホビット 決戦のゆくえ(字幕版)

とても満足。

この作品の特徴といったら、とにかく映像が綺麗で綺麗で。個人的には迫力ある戦闘シーンよりも、旅の道中の美しい風景に感動。

正々堂々たるファンタジーの世界。言い方が適切かどうかわからないけど、RPGの世界の冒険物語を現在可能な技術で最大限に美しく豪華に表現したって感じ。

 

ホビットドワーフ、エルフ…魅力的なキャラクターがたくさん出てきたけど、私が一番好きなのは、やっぱり主人公のホビットビルボ・バギンズ。賢くて優しくて真面目なビルボ。ちょっとコミカルで愛嬌のある仕草や表情は俳優マーティン・フリーマンの演技がピタッとハマっていた。ビルボが思わぬ活躍をすると自分まで思わず嬉しくなってしまう、そんな魅力的なキャラクターだった。

そして作中のある恋愛エピソードは原作にはない映画オリジナルストーリーらしいが、それも映画の本筋を邪魔せず自然なアクセントになっていて、オリジナルストーリーだということを全く感じさせなかった。

ただとにかく超大作なだけに、時間的にもなかなかの大作。私たちは一作目、二作目は二回ずつに分け、三作目は一回で観て、合計5回に分けて観た。Amazonプライムだと観たところからすぐに再生できるので、がっつり続けて観るよりは、割りきって小分けにして観る方が、案外観やすいかもしれない。長時間観るのは集中力もいるしね。

 

こうなってくると勿論ロード・オブ・ザ・リング三部作も観たいんだけど、こっちは今のところAmazonプライム無料対象ではないんだよね。何となく待っていても無料にはならないような気がするから、普通にお金払って観るか、わずかな可能性に賭けていつかプライム無料対象になるのをぼんやり待つか…しばらくの間、楽しく悩もう。

子供の学校行事で会社を休み辛いというのは社畜の思考回路だと思う

春。新たに小学生になった元保育園児の保護者が、働く保護者に優しい保育園から、小学校に上がって洗礼を受けて脅える日々。

Twitterを眺めていたらTLにこんなツイートが流れてきた。


うん、あるあるよねー…と思いつつも何かひっかかる。

確かに翌日が提出期限のプリントとか、明日○○持ってきてくださいとか突然言われるのは困るので、小学校もう少し頑張ってくれよとは思う。

でも、平日に行われる懇談会や授業参観や家庭訪問に対して有給を取ることに、そんなに引け目を感じる必要があるのだろうか。

問題なのは、平日に行事を行う学校ではなく「子供の学校の行事があるので休みます」と言いにくい今の日本の労働環境だ。

子供の学校の行事は、有給を取るに値する正当で大切な用事なのだ。

働く親は「子供の学校の用事があるので、この日は休ませて頂きます。スミマセン、スミマセン」なんて過度に卑屈になることはない。そのような姿勢は、「子供の学校の用事なんかで休みにくい」という変な圧力を補強するだけだ。

我が子が大人になるときに、子供絡みの用事で仕事を休むことにもっと社会全体が寛容になっているかどうかは、今子育て世代である私たちのあり方にかかっていると思う。

もちろん「子供の用事だから休んで当たり前」とふんぞり返るのを推奨したいのではない。それはそれで職場の仲間や仕事相手にとても失礼な行為だ。

子供の用事で仕事を休むことは、仕事と育児を両立するうえで仕方のないことだ。ただ、普段きちんと仕事をしているという自負があるのなら、子供の用事で休むことに引け目を感じる必要は一切ない。

大嫌いな言葉だが、必要以上に会社に対して卑屈になるのが「社畜」なら、子供の学校行事が平日にあるのは悪いという考え方は社畜そのものではなかろうか。近い将来この言葉を死語にするためにも、過度に会社に迎合して大事なものの優先順位を間違ってはならないと思う。 

油断するとすぐに察してモンスターになりそうな衝動といつも戦っている

 

一昨日のこの記事から下の子の保育園への送りを夫の担当としたが、何の問題もなく定着しそうだ。

共働きだけど夫より稼ぎが少ないから夫に家事を任せづらいと思ってしまう自分が嫌だ - 未来メモリー


自分の気持ちを口に出すまでうだうだ考えているより、実際に行動した方が話が早かった。
「言うは難く、行うは易し」
逆説的だが、夫婦間のコミュニケーションとそれにまつわる鬱屈を考えると、ふとそんな言葉を思いつく。

 

これまでに、夫婦関係を考えてこんなことを書き

miraimemory.hatenablog.jp

子供へ教えたいことを考えてこんなことを書き

miraimemory.hatenablog.jp

散々偉そうにしておいてなんだが、自分の心に余裕がないと結局私はすぐに察してモンスターになってしまう。忖度モンスターって言ったほうが今風かな。
こっちはまさに「言うは易く、行うは難し」

コミュニケーションってエネルギーを使う。だから、相手に察してもらう方がずっと楽なのだ。
自分が疲れているときって、察してほしいなー、楽したいなーと無自覚に思いがちで、それを察してもらえないと「どうしてこんなことも察してくれないの!」と相手に対しての怒りが沸いてしまう。最初にコミュニケーションする手間を惜しんで、手抜きしようとしたのは自分なのにね。

コミュニケーションを取るためにはたくさんのエネルギーが必要だけど、相手との良好な関係を維持したいのならエネルギーを使うことを惜しんではならないのだ。むしろ、持っているエネルギーは積極的にコミュニケーションに使っていくべきなのだ。
自戒を込めて。