読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

就活で一度だけ出会った人たちの思い出

暮らし

季節ネタで就活話二つ目。就活といえば一期一会で色々な学生と出会うので、時には印象に残る出会いもある。

 

大胆カンペ女子

最終的に内定をもらって、私が新卒で就職した会社のわりと最初の段階でのグループ面接でのこと。

控え室で元気のよい女子学生と一緒になった。スラリと長身でハキハキとした物言いで「この人、面接得意そうだなー」と好印象を持ちながら、時間潰しに他のグループメンバーも含めて他愛もない世間話をしているうちに、私たちのグループの順番になった。

彼女と一緒のグループなので、こちらも負けずに元気よく喋ろうと改めて気合いを入れて面接開始。

「あなたの強みを教えてください」

「弊社を志望した理由を教えてください」

面接官からの教科書通りの超オーソドックスな質問に、4~5人の学生たちで順番に答えていく。

同じグループの他の学生も自分も、極めて無難に回答していたのだけど、質問の何巡目かで、視界の端にうつる元気のよい彼女に何となく違和感が。面接官も同じことに気付いたらしく、彼女に問いかけた。

「あなた、何か読んでます?」

「はい!答える内容が覚えきれないので、手に書いてきました!」

ニッコリ笑って悪びれなく字がたくさん書き込まれた左手を面接官に見せる彼女。彼女、何と自分の手をカンペにしていた。

面食らう面接官と、あいつすげーなとゴクリと唾を飲む彼女以外の学生たち。

当の彼女は面接官の指摘後も堂々とした態度なので、面接官も当惑しながらも何も追及せずに面接は終了した。ちなみに指摘の後も彼女は変わらず、むしろカミングアウトしたことにより、一層堂々とし手のカンペを読みながら質問に回答していた。

 

その後の選考では彼女に再会することはなかったのだが、どこかで元気にやっているのだろうか。案外あのあっけらかんとした大胆さがどこかで評価されたかもしれない…?!

 

最初で最後の就活ナンパ

自分にとってはどう考えても高望み過ぎる会社での採用面接でのこと。

そのときもグループ面接だったのだが、その業界に対してあまりに不勉強で、無惨な受け答えしかできなかった私。そんな私に言われたくはないだろうが、同じく私から見てもなかなか残念な受け答えをしてる男子学生がいた。

「あー私もここで落ちたけど、この人もここで落ちたな」と思っているうちに面接終了。そしてオフィスを出たところで何を思ったのか彼が「もし良かったらお茶しませんか?」と誘ってきた。断る理由もなかったので快諾。すぐ近くのマックに入り、面接難しかったね、多分落ちたね、就活大変だねとどうでもいい話をした気がする。

話がつまらなくて、私は途中からどこで切り上げようかということばかり考えていたのだけど、多分彼も同じくらいつまらなくて、失敗したなと思ったのだろう。大して話も盛り上がらないまま、連絡先も交換しないまま別れた。

案の定そこの会社の面接はその時点で落ちたのだが、あの彼は元気にしてるだろうか。案外選考が進んで、あそこの会社で働いていたりして。

それをナンパと称していいのかどうか不明だが、就活中に男子学生から声をかけられたのはそれが最初で最後だった。

 

 

就活中は将来が不安になって色々ナーバスになりがちな時期だけど、短期間で同年代の人に広く浅く出会えるという面白くて貴重な経験のできる時期だと思う。

就活で心が疲れたら、あまり自分のことばかり思い詰めずに、気分転換に周りの学生を眺めて面白い人を観察したり、ナンパしたりするのもたまにはいいかもしれない。

私が大学生の頃から黒いリクルートスーツが常識になった

独白

就活シーズン真っ盛り。街のあちこちに就活中らしき若者を見かけるこの時期になると、花粉症に悩まされながら就活してた頃を思い出す。

十数年前に就活をした私。

就職氷河期ど真ん中だった大学の先輩たちがとても辛そうに就活をしていたのを見ていたので、就活=しんどいもの、という覚悟は出来ていた。

でも、私が大学一年生当時の四年生の先輩は、今ほどに皆が皆、真っ黒のスーツと真っ白のシャツは着ていなかったような記憶がある。グレーやストライプのスーツに、薄いピンクや水色のシャツ。悪目立ちしない範囲でささやかなスーツおしゃれをする先輩たちは、当時の私から見て大変そうながらも何だか格好よかった。

ところが月日が経ち、自分が就活する番になり、いざスーツや靴やシャツを買いそろえようと思ったら、いつの間にか「リクルートスーツは黒、シャツは白、鞄も靴も黒」が世間の常識になっていた。

就職後も使えるようなちょっとおしゃれなスーツやシャツを買おうと密かに楽しみにしていたのに、すごくガッカリしたのをよく覚えている。思い起こしてみれば、間近に卒業を控えた自分の一学年上の先輩は黒スーツと白シャツしか着ていなかった。

しかしそんな同調圧力なんてものともせず、自分の気に入ったこだわりのスーツとシャツで就活した私。

…なんて訳にはいかず、あっさり同調圧力に屈して何も心がときめかない無難な黒スーツと白シャツで就活をしたのだった。

第21回 リクルートスーツに物申す | 銀座 高橋洋服店-注文洋服店オーダーメイドスーツ

この、予想外の同調圧力とそれにあっさり負けた自分という記憶は強く心に残っている。今改めて調べてみたら上記リンクの記事の通り、やはり私が大学生の間に「リクルートスーツは黒、シャツは白」というのが一般常識となったようだ。

何の思い入れもなく買った黒スーツと白シャツは、就活が終わったら見るのも嫌で、速攻でヤフオクで売った。結構な値段で売れた。

そんな訳で、着たくもないだろうしこの時期しか使えないであろう真っ黒なリクルートスーツと真っ白なシャツを着ている就活生を見ると、頑張れと思うと同時に、この馬鹿げた慣習に対して未だに苦々しい気持ちになる。就活生が服装で程よく個性を出すくらい肩の力の抜けた社会になればもう少し世の中良くなるんじゃないかと思う。そして当時に程よく個性を出す勇気すら持てなかったくだらない私が、そんなことを考えるのもおこがましいのだろうなとも思う。

子供の頬に出た謎の湿疹は花粉症皮膚炎だった様子

暮らし

一週間くらい前に、下の子の頬、耳たぶ、耳の後ろ、首の後ろに小さな湿疹が出ているのに気付いた。

少し赤く、細かいポツポツ、ところどころ赤みが濃くて薄く血が滲んでいる。本人に聞くと少し痒いがずっと痒いわけではなく、しばらくすると落ち着くらしい。とりあえずできるだけ掻かないようにと言い聞かせ、すぐに病院に行ける時間帯ではなかったので、スマホで検索検索。

画像で子供の症状と見比べながらまず思い当たったのが

リンゴ病にしては、発熱してないしそこまで頬ばかり赤いというわけでもない。

とびひになるにしても、汗の出る季節ではないし、保育園で流行っているという話も聞かない。

 

何かなぁ、何にしても伝染性があるかどうか確認しなくてはならないから明日の登園前に病院に連れていかなきゃなと思っていたら、盛大にくしゃみをしながら「目もかゆーい」と言っている子供。

もしかして、花粉症を発症した?時期的にもビンゴ。

翌日、かかりつけの小児科に連れていったところ、何らかの原因によるかぶれ、おそらく花粉だけど断定はできない。でも伝染性ではないから普通に過ごしても構わないということだった。特に赤みのある場所に塗るようにと塗り薬を処方され、様子を見ることになった。病院の処方薬は強いので、少量ずつ塗っているが今のところ良くなりつつある。

実は私も花粉症で、この時期は毎年、湿疹こそ出ないものの、身体のあちこちが痒く、皮膚がカッサカサになり粉を吹いたようになる。子供の症状とは違うけど、私の症状もこれはこれで花粉症皮膚炎というらしい。

まだ保育園児なのに花粉症を発症した様子の下の子、これから毎年この時期になると湿疹が出ちゃうのかな。かわいそうに。

とりあえず今年の花粉飛散、早く終われー!

ママカーストなんて存在しないし、現実世界のママ友はそんなに邪悪じゃない

独白

気になる記事があったので言及。


きらきらママが眩しい!!ママカーストという言葉を知った日 - ともちんブログ

これまで自分の身なりに構わず育児をしてきたさゆ吉( id:tomo_king )さん。身なりに気を遣う綺麗なママさんを見て、自分ももう少し気を遣わなきゃな、というようなことが書かれている。その中で「ママカースト」なんてものもあるらしいし、と述べられてる。以下引用。

ママカーストとは
現代の日本において母親であることを共通とした友達付き合い(ママ友)において見られる序列のことを身分制度になぞらえて呼んだ表現。
Wikipediaより引用)

旦那さんの職業、年収、住んでる所、子供の容姿・学力、ママの外見(持ち物)などによって判断されるそうです。

さゆ吉さんのような真面目なママさんが、こういうワードに振り回されるのを見ると少しだけ先輩ママとしてすごく心が痛むので、ハッキリ言いたい。

ママカーストなんて、存在しない。

そういうのは超都心のエリート小学校お受験区域とか、特殊なごく一部のエリアからマスコミが面白がって拾ってきたエピソードをアレンジしたもので、普通の人の住む普通の地域のママ友関係は平和なもんです。

こういう風に、善良なママさんを過激なエピソードで煽るのって、デマサイトと同じくらい有害だと思う。男性は女って面倒臭いなと呆れ、女性は疑心暗鬼になり、独身の人や子供を持たない人は未知の世界に怯え、誰も得をしない。得をするのは注目を集めた情報の発信源だけ。

過激なエピソードは野次馬として読むのは面白いけど、現実世界とはリンクさせず、フィクションとして読むのが一番。女性ファッション誌の「一週間コーデ」のページで「一週間で重要な仕事も大成功して、気になっていた先輩からデートに誘われて付き合うようになった」みたいなもんです。日常の延長にあると見せかけた、本物っぽいフィクション。

 

地方都市でのんびり育児中の私の知るかぎり、ママ友関係なんてそんなに恐れるものではない。明らかに変な人は避け、自分は常識的な振る舞いをするという、ママ友界にかぎらずどんな社会でも各々がしてる最低限の自己防衛をしておけば、トラブルに巻き込まれたりなんてしない。

 

ただ、ではママ友の世界が完全にフラットでみんな仲良しかといったら残念ながらそんな訳はない。やはり気の合う人、気の合わない人があるので、いくつかの仲良しグループは発生する。 

で、ここで面白いのがやはり見た目の違いはある程度グループ分けに反映するということ。

雑な言い方をすると派手ママは派手ママ同士仲良くなるし、地味ママは地味ママ同士仲良くなる。でもこれって考えたらごく当たり前のこと。身なりに気を遣ったりお金をかけたりしたい人は、同じ価値観の人と話が合うのが当たり前。逆にファッションに重きをおくことに価値を見出だせない、または着飾るのが億劫な人は、同じ価値観の人と親しくした方が楽だもの。

そして重要なのが、現実の世界には派手ママグループと地味ママグループの間には上下関係なんて存在しないということ。

地味な格好だからと言って「あの人ダサい」なんて笑われることはないし、派手な格好だからと言って「ちゃんと育児してるのかしら」とヒソヒソされることも、ない。

みんな大人だからね。人それぞれ、優先順位や価値観が違うことを受け入れて、上手いことやっている。

まあもしかしたら意地悪なことを言う人も中にはいるのかもしれないけど、そういう人は前述の「明らかに変な人」でおそらく他の面でも地雷だから、全力でそっと距離をおけばよい。

 

ちなみに私は肌が汚いのがコンプレックスなので、すっぴんで外出はしない。いつも義務感でメイクをしている。

でも小さい子が走り回る家でメイクをするのはとても大変だから、子供がまだ手のかかるうちはメイクなんてしなくていいし、出来なくても仕方ないと思う。

一方で、メイクすること自体が好きな人にとっては、綺麗なメイクをするのは一つの小さなストレス解消なるのだと思う。綺麗にしているママさんは、見栄を張ってる訳でも、子供より自分を大切にしている訳でもないという想像力も必要だろう。

身なりにこだわるママだって、身なりを気にしないママだって、それぞれが頑張っている。ただ優先順位が違うだけ。そこに優劣はない。

4人家族の我が家の食費事情

料理

家計簿をつけている。主目的は食費の把握。

家計における食費については平均値を調べたり節約術を学んだり、色々と葛藤した時期があったけれど、結局、食にどれくらい重きをおくかというのは、その人の価値観とも言えるくらい人や世帯によって違うという結論に達した。要は、家族人数別の食費の平均値とか、気にしてもあまり意味がない。肝心なのは自分の家で食費がどんな風に推移してるか把握すること。3年くらい家計簿で食費の推移を何となく見てきて、今では「まあ我が家はこんなもんか」と納得するに至った。

 

ちなみに我が家の家計簿における「食費の定義」は下記の通り。

  • 酒、飲料、調味料、米、おやつ含むすべての食材費
  • 外食費

 ※ただし米は時々実家から貰う。月あたりの消費量のうち3分の1ほどは貰った分。

 ※外食費には仕事関係の飲み会代は含まない。

我が家の家族構成は、夫婦、小学校低学年児童、保育園児の4人家族。

平日の昼食は私と夫がお弁当。主に前日の夕食の残り物を詰めたもの。子供は二人とも給食。

そのうえで我が家の1ヶ月の食費の評価基準。

  • 5万円台だと→すごい頑張った
  • 6万円台だと→まあまあ
  • 7万円台だと→やっちまった

年間を振り返ると「やっちまった」×6ヶ月、「まあまあ」×4ヶ月、「すごい頑張った」×2ヶ月という感じになる。そう、大体やっちまってる(笑)

購入する食材に強いこだわりがあるわけではないが、多少は産地を気にするし、あまりにも安かろう悪かろうのものは買わない。野菜をバランスよく食卓に出すことはかなり意識している。

家族揃って外食は割りと好きなので、週末の昼は外食が多い。夜の外食もたまにある。外食といってもファミレスや回転寿司、フードコートやスーパーの弁当なんだけど、トータルで見ると外食の多かった月ほど食費がはね上がる。やっぱり自炊は強い。

ただ、普段の料理はほぼ100%私の仕事。私に余裕がないときはあまり無理せず外食や惣菜を活用するし、それに対して家族が不満を言うことはないので、とてもありがたいと思っている。

最近の懸案事項は上の子の食欲がどんどん増えていること…。おそらく今後これがダイレクトに食費に響いてくるが、ひもじい思いをさせないためにもう少し色々と工夫しなくてはならない。

何となく年度末締めの我が家の家計簿。来年度は「やっちまった」の7万円台が減るように頑張るぞ。

 

ARサービスを観光地の町興しにもっと活用してほしい

暮らし

先日、用事があり名古屋に行ってきたので、隙間時間で名古屋城を観光。

名古屋城天守閣近くの広場にARアプリの看板がひっそりと置いてあったので、ダウンロードしてみた。


誰でも簡単に利用できるARサービス「ARラボ」

「ARラボ」というアプリをダウンロードし、アプリのカメラに名古屋城を認識させると
f:id:miraimemory:20170320114051j:image

天守閣からシャチホコがふわっと降りてきて


f:id:miraimemory:20170320114125j:image

どーん。

名 古 屋 城

 

この何ともいえないフォントとシャチホコに古き良きご当地プリクラ感があってとてもよい。一旦フレームに入ったフォントとシャチホコ名古屋城がカメラフレームから外れた後も残るので、アプリを起動したままにしておけば、名古屋城内の他の場所もこのフレーム付きで撮影できる。敷地内のベンチでソフトクリームを食べて休憩する家族の写真もこのフレーム付きで撮影できた。

これ面白いから他の観光地バージョンもないのかな?と思ったけど、ARラボの公式ホームページがAR導入を検討している事業者向けに焦点をおいて作られているので、はっきり言って利用者にはわかりにくいものだった。

試しに「観光地 AR」とググってみると小規模な会社が限定的なエリアで展開しているものが多くて、いまいち広い認知や普及に繋がりそうなものがない。今回の「ARラボ」も名古屋の会社だ。

先日宮島に行ったときにも思ったが、日本に旅行に来ている観光客のスマホ保有率はとても高く、AR技術と観光産業はとても相性が良いと思う。地方自治体は「観光振興」と称して変なゆるキャラやムービーを作るより、AR技術を持つITベンチャーと提携して、観光地のシンボルからARを利用した音声や画像サービスを充実させた方が良いのではないだろうか。サービス利用にあたって観光客にアプリをダウンロードさせられれば、観光客の属性情報などの収集にも役に立ちそうだ。(その際、個人情報保護が厳格に扱われるべきなのは言わずもがなだが。)

少なくともいち消費者としてはもっと観光地でこうしたサービスが増えたらいいなと思った。

オンとオフの切り替えが下手で、働くことに行き詰まりそうになった

独白

もうすぐ新年度。この春、環境が大きく変わる人も多いことだろう。うちの子供たちが保育園に入園し、私が今の職場に勤め始めたのもこの時期。毎年この時期になると兼業主婦になりたてのドタバタした日々のことを思い出す。

私は出産後、育休復帰ではなく新しい勤め先で仕事を始めた。同僚がどんな人か、職場の雰囲気はどんな感じか全くわからないままの一からのスタート。一方で子供たちは初めての集団生活と長時間の保育。心配性の私は自分の仕事も子供たちのこともありとあらゆることが心配で、身体より精神的な疲労が酷かった。

仕事初日から数日経つと、仕事も子供もまずまず順調に滑り出したはずなのに、疲れているのに何となく明日が心配で頭が冴えて寝付けなくなった。新生活スタートから一週間くらいで「やっぱり私には共働きは無理だ。辞めよう」と真剣に考えるようになった。

しかし仕事も子供たちも何か悪いことがあるわけでもないのに、なぜ自分の心はこんなに疲れてしまうのだろう。心身の健康のために無理せずここで辞めても構わないが、今ここで辞めたら子育てしながら働くことに自信を失ってしまいそうで怖い。辞める前に、なぜ自分がこんなに疲弊してしまうのかもう一度考えてみることにした。

翌日出社し、和やかな雰囲気の中で仕事が始まり、しばらくしてからふと時計を見て「今、子供たちは○○してる頃かな…」と自分が考えていることに気付いた。そして子供たちの様子を想像すると心配で胸がザワザワしてしまうことにも。

もしかして、これがいけないのかもしれない!

よくよく思い返してみると、仕事を始めて以来、仕事中に無意識にしばしば子供たちのことを考えてしまっていた。子供たちは保育園でプロの保育士さんに囲まれて過ごしている。自分が離れたところで心配するのは無意味だし、万が一、保育園で何かあったら直ちに自分に連絡が来るはずだ。

私には、多分子供を預けて働くことに対しての覚悟と割りきりが足りなかったのだ。同時にこれとは逆に、家にいるときに自分の仕事に不備はなかったかをぼんやり心配してしまっていたことにも気付いた。職務時間中に集中して対価相応に真面目に仕事に取り組んでいれば、仕事を離れたときにその内容を気にする必要なんて全くないはずなのに。

こうしたことに気付いてから

  • 仕事中にはプライベートなことを考えない
  • プライベートな時間には仕事のことを考えない

という2点をとにかく意識するようにした。

意識することに、コツはない。ぼんやりと余計なことを考え始めたら、とにかくシャットアウト!強制終了!今はそれは考えない考えないと念仏のように自分に言い聞かせる。

これを心がけるようになってから、謎の心の疲労はなくなり、気付けば新生活に慣れ、夜もちゃんと眠れるようになった。

 

オンとオフの切り替え。

何てことはない良く聞く言葉だけど、無性に心が疲れてしまう人はそれが上手くできなくなっているのかもしれない。子供の有無に関わらず、オンとオフの切り替えがちゃんと出来てるか?を折に触れて確認するのは、心にストレスがかかっていないかを点検するために非常に有効なのではないかと私は考えている。この体験談、新生活を控えた人に少しでも多く届いてほしい。