未来メモリー

未来の自分に誇るメモリー

「~だよ?」という文体を使う人が苦手だ

f:id:miraimemory:20170726082746j:image

「~だよ?」のつく構文で日本一有名なのはNANAの幸子だと思うんだけど、まあ幸子の「わざとだよ?」はあざとさとか手練れ感が常人とはレベルの違う格の高さなのでちょっと置いておくとして。

 

自分の考えを述べる文章の中で「~だよ?」を多用する人が苦手だ。

「だよ」という比較的ソフトな語尾に更に「?」を付けて、一見相手のリアクションをきちんと気にしてますよという体をなしながら、君はそんなこともわかってないの?違うよね?という尊大さが透けて見える。

「?」でソフトランディングを試みながら、自分の意見を必ず相手に呑ませようという意志が隠しきれていない矛盾が、何とも気持ち悪い。

 

文章とは不思議なもので、同じ日本語を扱っていてもどうしてもその人ごとに癖が出る。上手な人は文体模写なんかもやってみせるが、そこまでは至らなくても「この文章、○○さんっぽい」という印象が各々が持てる程度に、文章には個性が出る。

 

「~だよ?」話法の使い手には、キャラクター作りのために意識的にやっている場合と、無意識にやっている場合の2パターンがあると思うが、つい無意識に使ってしまう人は、これがあまり感じの良い言い回しではないということは自覚した方がいいかもしれない。

少なくとも私は「~だよ?~だよ?」と畳み掛ける文章には、うへえと思ってしまうのである。

ダイソーのパステルとクラッシュホログラムはUVレジン向き

週末に作ったもの。
f:id:miraimemory:20170725084451j:image

左。青グラデーション鉱石っぽいものに、紫色のクラッシュホロを封入。

右。長方形の枠の中に虹っぽいグラデーションを作って、上部に赤のクラッシュホロ、下部に星型のビーズを封入。このグラデーションは失敗した。一色ごとにUV照射した方が良かった。7色一気に作って流し込んで一気に固めたから、イメージしていたより色が混ざってしまった。

 

ところでUVレジンでは、相変わらずダイソー大活躍。ダイソーで買って良かったレジングッズをもう少し詳しく書いておこう。
f:id:miraimemory:20170725084535j:image

まず、写真左。

ダイソーのネイルコーナーにあったクラッシュホログラムは5色セットで100円。

少量ずつしか入ってないけど、少量ずつしか使わないので全く問題なし。きちんと小分けケースに入っていて5色セットはかなりお得。

 

次に、写真右上。

背景の白のせいで見えにくいけど、シリコンモールド型。レジンの透明感を存分に生かせる宝石っぽい形ばかり。ちょっと着色してキラキラしたものを封入したらそれらしく見えるので、初心者向けだと思う。一番上の写真の左の青いのは、この型で作った。半身ずつの同じ型を二つ作って、最後にレジンを薄く塗って二つをつなぎ合わせたら立体感のある宝石チックなものが作れる。

 

最後に、写真左下。

18色入りパステル。色の綺麗なチョークみたいな感じで、少量ずつカッターで削ぐと簡単に粉状になり、レジンを着色できる。一番上の写真の二つとも、このパステルで着色。きちんとした着色用の顔料に比べたら、レジン液に混ぜてもどうしても粉っぽさが残ってしまうけど、100円で18色揃うと思ったらやはり格安。

 

ところで、せっせとレジンで色々作っていて今さら思うんだけど、レジンで作ったものってどうすりゃいいの?

それぞれアクセサリーに仕立てるにもキーホルダーに仕立てるにもぶっちゃけ微妙。作ってるときはめちゃくちゃ楽しいし、完成品を眺めるのも楽しいけど、使い道ないよね、レジン完成品。

いつか正夢 君と会えたら

はい。スピッツのライブに行ってきた。

 

エレカシのデビュー30周年ライブに行ってきた - 未来メモリー

ちょっと前にエレカシの30周年ライブに行ったばかりなのに、スピッツの30周年ライブにも行ってきてしまった。これが「リア充爆発しろ」ってやつなのだろうか?!(違う) 何かすみません。本当にすみません。

夏に聞きたくなる定番の「夏うた」はありますか? - 週刊はてなブログ

こんなお題で書いちゃうくらいスピッツファンの私だけど、ライブに行ったのは今回が初めて。ファン歴にしたら20年くらい(!)になるんだけど、ようやくようやくライブに行ってきた。

 

人が音楽を好きになるときのポイントって、曲だったり歌詞だったり演奏だったり様々だと思うんだけど、私がスピッツを好きなのは、草野マサムネの声が、歌が、好きだからなんだと改めて実感するライブだった。

特に私は草野さんの歌声の子音がオ音のところが好きなんだけど(細かいし、わかりづらいですね)たくさんの素敵な「オー」が聴けて最高だった。

やっぱりスピッツの曲は、スピッツの演奏と歌で唯一無二の存在だった。

 

ずーっとCD越しに聴いていた歌を、初めて直に聴くというのはとても幸せな経験だった。生の演奏を目で観て聴きたいし、生の音を感じながら目を閉じて聴きたいし、あっという間の時間だった。

 

自分の思春期は、青春は、ずっとスピッツの音楽がそばにあった。

夢追い虫」を聴いて、高校生のときの、恋愛に友情に勉強に、いっぱいいっぱいで楽しく悩んでいたことを思い出した。

「正夢」を聴いて、不安でたまらなかったけど根拠のない自信で何とか持ちこたえていた就活帰りの地下鉄を思い出した。

ほとんど全部の曲にそんなような思い出があった。

それぞれの時代の私に「33歳のとき、この曲をライブで聴くんだよ」と伝えたい。

f:id:miraimemory:20170724083610j:image

ツアーグッズの缶バッジガチャガチャは一緒に行った夫と二人で3回やってみた。

 

素敵な時間を過ごして満足。また今日から頑張ろう。

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-

「東大を2回も留年した人のブログ」を読んで

東大を2回も留年した人のブログ

こちらのブログの筆者のtogetterセルフまとめがたくさんブックマークコメントを集めていた。


「レールから外れたら人生終了」という日本に蔓延る神話が皆を不幸にしている - Togetterまとめ

まとめとブログを読んだところ、まさに先日自分の書いた記事で頭に浮かべていたような大学生だった。

忙しい大学生活を過ごすとその後の社会で上手くいく - 未来メモリー

30代主婦がつらつらと書いたことだが、自分の見てきたことや経験したことから得た教訓で、少しでも誰かの心に何か残ればと思っている。

 

4年間という大学生活は、長いようでとても短い。

身分が保証されているけど自由な時間がたくさんあるという人生でもごくわずかな貴重な時期に「主体的に」「何かに一生懸命になる」経験を積んでおかないと、大学卒業後に「こんなはずじゃなかった」と思う確率がすごく高い。これは自分の同窓生を見てきて思ったことだ。

一生懸命になる対象は何でもいい。それが大学の勉強だったら一番良いのだろうが、勉強にそこまで熱意が注げないのなら、勉強以外でもいい。ただインターネット上の活動だけでは駄目だ。起点がインターネットなのは構わないが、声を発する行動、家の外に出る行動を伴う「何か」であることが、必須条件だ。

大学生活の間こそ、のんびりしたい気ままにしたいという誘惑に負けずに、意識的にアクティブに前向きに動く必要がある。これをしないまま何となく卒業してしまうと、その後にアクティブで前向きな行動力を身に付けるのはとても難しい。

 

また、このブログの筆者にかぎらず「自分はコミュ障だから…」という弁明をする人をよく見かけるが、これはとても良くないことだと私は思っている。

確かにコミュニケーション能力には得手不得手が確実に存在する。しかし、社会に出て仕事をしようと思ったら、他人とのコミュニケーションを取らずに出来る仕事はほぼない。ましてや、もし人並み以上の収入を得たいと考えるなら、どんな職種でもコミュニケーションは必須だ。

でも今働いている人の皆が皆、コミュニケーション能力に秀でているわけではない。コミュニケーションが苦手だが、自分の中で上手い方法を見つけながら、何とかやっている人だってたくさんいる。(私の夫はどちらかというとこのタイプだ)

コミュニケーション能力は持って生まれた差はあれど、鍛えようと思えばある程度鍛えられる。それなのに「コミュ障だから」と言ってしまうことは、出来る努力を怠っているようにも捉えかねられない。とても危険だ。

コミュ障だ、という悩みを持つ人は実は世の中に多い。本屋に行くと、そういう人たち向けに書かれた本が驚くほどたくさんある。意外と本に書かれた考え方一つで、大きく変わることもある。本当にコミュ障だと悩んでいるなら、本屋に行ってそうした本を何冊か買って読んでみて、改善を試みるべきだと思う。

大学のときに、もったいない時間の使い方をして「こんなはずじゃなかった」と悔いる(あるいは世間を呪う)人が少しでも減ることを願ってやまない。

一度これを貼ってみたかったんだよ

f:id:miraimemory:20170721231429j:image

2016年7月13日にブログを開設したらしいので、はてなから一年経ちましたよのメッセージが届いていた。(普段使ってないメールアドレスなので見落としてた)

ブログのいっちばん最初の記事はこれだった。


ブログ開始、方針の模索 - 未来メモリー

何言ってんだこいつ。

いや、私のブログは概ね「何言ってんだこいつ」で構成されている。でも本心しか書いてない。それだけがこだわり。

今のところ嫌な思いをすることもなく、読んで下さった方からのリアクションを楽しみながらマイペースに続けている。ありがたい。

二周年目もあのクラッカーの画像貰えるのかな。集めたいものです。

忙しい大学生活を過ごすとその後の社会で上手くいく

先日夫が面白いことを言っていて、なるほどなと思ったのでメモ的に。

最近の夫の仕事はかなり忙しそうで、いわゆる激務と言える働き方をしているので、私はちょいちょい夫の体調を心配するのだが、夫は大丈夫だと言う。強がっている様子でもなさそうだ。

そして夫は、30代の今現在こうした働き方ができるのは、振り返ってみると大学時代に鍛えられたからかもしれない、と言う。

はじめは今一つその言葉の意味がピンと来なかったのだが、どうやら大学時代に部活動で忙しくエネルギッシュに過ごしたときに培われたものが、今生きているという意味のようだ。

そんな10年以上前に付けた体力なんて、もうとっくに貯金使い果たしているでしょ~と思ったが、どうやらそういう肉体面の話ではなく、精神面の話らしい。

そう言われてみると何となく理解できる。

言葉は悪いが、自堕落にのんびり過ごそうと思えば過ごせる自由な大学時代に、あえて忙しい過ごし方をしたことで「忙しい耐性」が培われたということだ。

私自身を振り返ってみても、私の大学生活はサークル活動と授業とバイトでバタバタと常に忙しく、卒業直前以外はほとんど暇な時間がなかった。でも四年間をそうやって過ごしたことで、社会人になっても「自由な時間がない」とか「忙しすぎる」などのギャップを感じずにいられた気がする。逆に、大学生活を気ままに過ごしていた知人達には、忙しい社会人生活に馴染めず苦しんでいる人が比較的多いような気がする。

 

日本人は誰がどう見ても忙しすぎるので、それを礼賛するつもりは微塵もない。

しかしそれでも大人になると、否が応にも責任は増えるし、子供の時とは違って自由な時間ばかり、自分の好き勝手気ままに過ごす訳にはいかなくなる。(この辺りのことに納得できないまま大人になってしまう人が多すぎるのでは?というのも気になっていることだが、それは今回は置いておく。)

大学時代にあまりに気ままに時間を過ごしてしまうと、社会に出たときのギャップが大きくて精神的に苦しくなってしまうリスクが高くなるのではないか。

こんな話を夫婦でして、お互いの経験から夫婦間で納得したので、将来もし自分達の子供が大学まで進学したら、勉強でもサークル活動でもバイトでも、何でもいいから、何か一生懸命になれることを見つけて忙しい大学生活を送るようにさせたいよね、ただ何となく時間が過ぎていく大学生活を送ることはないようにしたいね、という結論になった。

大学生って人生で一番自由で色々なことのできる時間だけど、それだけではなく、大人になるための準備期間でもある。その辺りのことを考えずにダラダラと過ごしてしまっても、卒業後に突然大人の一員となるのはみんな同じ。大学卒業後に苦しまないために、大学生にはできるだけこのことを知っておいてほしい。

TVショッピング好きの姑が我が家に色々くれる

夫の母はとても善人で我が家はいつも良くしてもらっているのだが、少し前からテレビショッピングにハマっている。テレビショッピングで紹介している商品は、それはもう本当に良く見えて、ついつい欲しくなってしまうらしい。

そしてテレビショッピングの良さそうな商品は息子一家にも買ってあげたくなるらしく、義実家用とは別に我が家用も注文してくれて、たびたび渡してくれる。

「これ、良さそうだから買っておいたの。使ってみて!」とニッコリ手渡され、「また買ったの?」と夫は少々呆れ顔だが、良かれと思ってやってくれていることなので、無下には出来ない。嫁の立場の私は尚更。自分の実家だったら「別にいらないよ、そっちで使って」って言うんだけどね。そして夫はこういう場合、ほとんど断らないで貰ってしまう。こうして我が家にはテレビショッピング商品が着々と増えるのである。

 

内心「また貰っちゃった…使うかなぁ、これ」と思うことが多々あるのだが、なかなかどうして、ベテラン主婦の選んだものなだけあって、義母から貰ったテレビショッピング商品は打率が良い。

第一印象で「これ使うかなぁ」とため息をついたものが意外に良かったりすると、何か悔しい。この気持ちは何なんだ。姑への対抗心か。

そんなわけで自分じゃ絶対買わなかったけど有り難く使ってるもの。

ときわ商会 ひんやりシャツシャワー 500ml

ひんやりシャツシャワー。(Amazonアフィリエイトリンクです)

ちょっと強めのシトラス系の香りのするミストなんだけど、これを下着やらシャツやらに噴射してから着ると、何か涼しいっていう商品。500ml入っているからデカいし、これを貰ったのが1ヶ月くらい前だったから、そのときは「こんなの、こんな量使うかなぁ」と思ったのだけど、めちゃくちゃ暑い最近、すごく重宝してる。衣類を身につけた瞬間の涼しさが気持ちいいし、汗をかいたときの衣類のベタつきが軽減される気がする。(噴射し過ぎると匂いが付きすぎるから、要注意だけど。)

お義母さん…ありがとう。

まだ伝えてないけど。

伝えると、おかわりよろしく張り切って詰め替え用とかめっちゃ買ってくれちゃうから…。

シュウトメショッピング、ありがたやーありがたやー!